にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/01/13 French Racing

*Pau Souple (3.7)

Prix John Henry Wright (Cross Country) 5000m

Pour tous chevaux 6 ans et au-dessus, ayant reçu 15.000 en steeple-chases (victoires et places) depuis le 1er janvier 2017 inclus.

http://www.france-galop.com/fr/course/detail/2019/O/Q0RwMTFydmdmTXZDSllYVFV4R1owUT09

軽快に逃げたParc Monceauが追いかけてきたCarefreeを抑えて勝利。Diesel D'Allierは3着まで。Amazing Comedyは落馬。

Parc MonceauはGrand Cross de Craon (Listed)の勝ち馬で、そこから1年近い休養に入り、昨年の12月に復帰していた。同レースは人気を背負っていたKapvilleのらしくない落馬があり、やや内容としては波乱含みのものであったのだが、復帰戦を2回使ってようやく調子も上向いてきたようだ。障害手前から若干のスプリントをかけて飛越していくタイプの馬で、ある程度障害の目測を得やすい逃げの形の方が合っているようだ。逃げてパフォーマンスを上げてきた側面もあるため、Grand Cross de Pauではやはり先手を取る構えを見せることが考えられるが、UroquoisやSaying Againといった同型馬との兼ね合いが課題となるだろう。前走のPrix Joseph D'AristeをかってきたCarefreeは2着まで。前走のCing Sou D'Orはその後高いパフォーマンスを発揮していることを考えれば、Parc Monceauの勝利は価値があるもの。4連勝で挑んできたDiesel D'Allierはやや何度か躓く場面があった。Unbrin De L'isleはもう少し勝負に加わってほしかったのだが、もしかするとスピードが要求されるコースの方が合っているかもしれない。Amazing Comedyはもったいない落馬だが、いまいちBanquetteの対応で躊躇する場面があった。