にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/06/16 Swedish Racing

*Strömsholm Steeplechase god, Gräs god, Häckbana god

Svenskt Champion Hurdle 3700m

För 4-åriga och äldre hästar som vid viktdatum fullföljt minst en häcklöpning eller steeplechaselöpning.Vikt: 4-åriga 64 kg, äldre 68,5 kg.

https://trmedia-web01.ad.rackfish.net/api/mediarequest/f8e7fb0f-7179-4dcf-9a91-6666c2b62589

動画はGalopptips.seなるホームページから探せます。今年発見したホームページで、動画がどれくらい生きているかわからないので、リンクが切れていたらすみません。

チェコのSurinが淡々と引っ張る展開も、最終周に入る辺りからノルウェーのOui Je Veuxがこれに絡んでいく。Oui Je Veuxはその後着地にミスして落馬するが、代わってSomervilleが先頭に。着地に失敗して後退したSurinを尻目に逃げ込みを図るが、これを追いかけてきたドイツのLeierspielerinがゴール直前でこれを捉えて勝利した。

4頭立てとやや寂しいレースになったが、各馬の特徴が良く出た好レースとなった。Leierspielerinはドイツからの遠征馬。ドイツではMannheimのJagdrennenを一度使ったきりで、その後はフランスのHaiesを2戦し5着、3着と来ていた。どちらかというとPavel Vovcenko調教師の帯同馬とも考えられる存在であり、終始飛越はいまいちであったのだが、さすがに身体能力という意味では高い物を持っているのだろう。5歳とまだ若く、今後の飛越技術の向上が見られればより活躍が出来るはず。ノルウェーの古豪Somervilleはさすがに安定したレースを見せたが、いくらなんでも5歳馬が相手だと単純なスピードの面ではやや厳しい物がある。チェコのSurinは飛越技術は安定していたが、スピードの面でついて行けなくなってのミス。ノルウェーのOui Je Veuxはどうにも踏み切り位置の調整をはじめ基本的な技術がいまいち怪しいところがあった。

 

Svenskt Grand National 4500m

För 5-åriga och äldre hästar som vid viktdatum fullföljt minst en steeplechaselöpning.Vikt: 5-åriga 67 kg, äldre 67 kg.

https://trmedia-web01.ad.rackfish.net/api/mediarequest/43f3d85b-b25d-4000-a6ca-c02023d7924d

動画が途中で終わっている件。Serienlohnが先頭を伺う構えを見せるも、やや引っかかり気味にCrin Au Vent、さらにWutzelmannが先頭に。さらに連覇を狙う地元のTruckers Gloryが先頭に立ちそのまま逃げこみを図るも、これをゴール直前でSerienlohnが交わして勝利した。Wutzelmann、Tamasと続いた。

このレースはKazzioやAl Bustanといった飛びぬけた外国馬が存在すると、ほぼその馬の横綱相撲に終わることが多いのだが、昨年に続いて今年も飛びぬけた馬は存在せず、各国の遠征馬を地元の強豪が対等に迎え撃つという構図となった。Serienlohnはドイツからの遠征馬で、管理するVovcenko Pavel師にとっては素晴らしい一日となった。長くドイツの障害を使ってきた馬だが、今年はフランスStrasbourgに遠征して2勝を挙げている。AuteuilのHaiesはさすがに荷が重かったようだが、ここに入れば力上位であることを見せた。このレベルの馬がなんてことなさそうな障害競走で走っているのがドイツ障害競馬の醍醐味であり、なぜかドイツはやたらとレース数が減りつつあるので何とかしてほしいのだが。連覇を狙ったスウェーデンのTruckers Gloryは安定したレースを見せた。どうにも踏み切り位置が近すぎる感があり、この辺りが解消すればもう少しスピードに乗せた飛越が可能になる可能性もあるのだが。ドイツのWutzelmannも善戦し、ドイツ障害競馬のレベルの高さを見せた。チェコから遠征してきたTamasはややスピード負けして4着だが、このクラスの馬でもPardubiceのStccではさっぱり勝負にならない辺り、チェコ障害競走というのもまたハイレベルな場である。フランスからの移籍馬Ajasはどうにも制御を欠いていた。イギリスからの移籍馬Charming Zenはどうにも障害に不慣れな面を見せていた。