にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/04/20 Australian Racing

*Oakbank Good4

Thomas Farms Classic Hurdle 3600m

https://www.racing.com/form/2019-04-20/oakbank/race/2/results

元々はアイルランドでIstabraq Hurdle (G2)、Grimes Hurdle (G3)、Toyto Hurdle (G3)などの勝ち鞍があるIvan Groznyが人気になっていた。レースは例によってIvan Groznyが逃げる展開も、残り600m辺りからCasiraghiなどが接近。4頭の叩き合いになると、ここからCasiraghiがMurphy’s Delightを下して勝利した。Ivan Groznyは4着まで。

CasiraghiはHurdleの経験はあまりない馬で、前走のThomas Farms Hurdleでは人気薄ながら3着に入っている。飛越はかなり低いものであったが、現状のオーストラリアHurdleを考えるとこれくらいまで抑えた方が効率はよいのかもしれない。深いブリンカーをつけているように、やや集中力には課題がありそうだ。対抗角と思われていたMurphy's Delightは2着まで。外から一気に加速を掛けたCasiraghiとの差だと思われるが、さすがにこのメンバーには勝ちたかった。オーストラリア障害初戦となったIvan Groznyは脱落して4着だが、元々行きたがって走るところがある上に、リズムを崩すとどうにもあっさりとレースをやめるところがある。70kgの斤量を背負っていたというところもあり、飛越自体は綺麗なものを見せていたが、オーストラリアHurdleではやや丁寧に過ぎる感もある。これくらいの飛越が出来るのであればかえってSteeplechaseの方がいいのかもしれないのだが、やはり気性面がネックになりそうだ。

 

Thomas Farms Great Eastern Steeplechase 4950m

https://www.racing.com/form/2019-04-20/oakbank/race/5/results

本日のメインレース。ゆったりと先頭を走ったZed Emがそのまま逃げ切り勝利した。一昨年の勝ち馬Spying On Youは2着まで。

Zed EmはこれでVon Doussa Steeplechaseから2連勝、Great Eastern Steeplechaseは連覇とした。昨年はここからBrierly Steeplechase、Grand Annual SteeplechaseとVIC州へと殴り込みをかけており、おそらく今年も同じようなローテーションとなるだろう。飛越は終始安定した素晴らしいものを見せていた。Spying On YouはまたしてもZed Emの前の2着。この馬も安定したレース運びであったが、勝ち馬とはどうにも差がありそうだ。Getting Leggieは積極的にレースを運んだが、どうにも飛越がおぼつかないところがあり、最終的には飛越をミスしての落馬となった。