にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/02/23 National Hunt Racing

*Kempton Good

Pendil Novices' Chase (G2) 2m4f110y

https://www.sportinglife.com/racing/results/2019-02-23/kempton/513147/888sport-pendil-novices-chase-grade-2

好位から進めたBags GrooveがCastafioreを下して勝利した。人気のSecret Investorは伸びず。

Bags GrooveはこれでChase転向後重賞は2勝目とした。前走はKauto Star Novices' Chase (G1)に挑戦し、La Bague Au Roiからは大きく離された5着と着順を落としていたが、ここでは力を見せた。どうにも行きたがって走るところがあるようで、前に馬を置いた方がいいのかもしれないのだが、現状では気分よく走らせた方が力を出せるように見える。Patrick Coyne Memorial Alcar Novices' Chase (G2)を人気薄で勝ってきたCastafioreは差のない2着で、前走の走りがフロックではないことを示した。Good Man Patはどうにも飛越においてスピードに乗り切れないところがあった。

 

Adonis Juvenile Hurdle (G2) 2m

https://www.sportinglife.com/racing/results/2019-02-23/kempton/513148/888sport-take-em-on-adonis-juvenile-hurdle-grade-2

好位から抜け出したFusil Rafflesが後続を大きく突き放し勝利。Beat The Judge、Rpaecepsと続いた。

Fusil RafflesはフランスSenonnesにて勝ち鞍のあるAPQSで、イギリスではこれがデビュー戦となる。フランスからの移籍馬らしく安定した飛越は目立っており、この良馬場で9馬身差の着差は決定的なものだろう。もちろんTriumph Hurdleに向けて楽しみな存在となり得るが、メンバー的には相当楽であったことは注意しておきたい。フランケル産駒のDeadline Divaは大敗。平地のスピードはいいものを持っているようだが、どうにもその持続力となると問題がありそうな印象。

 

Dovecote Novices' Hurdle (G2) 2m

https://www.sportinglife.com/racing/results/2019-02-23/kempton/513149/sky-bet-dovecote-novices-hurdle-grade-2

Brecon Hillが軽快に逃げる展開だが、残り3障害辺りからSouthfield Stoneが先頭に。そのまま追いかけてきたAngels Breathを凌ぎ切って勝利した。3着以下は大きく離れた。

Southfield Stoneは重賞は初勝利とした。比較的大柄な馬体の持ち主でスピード能力には長けている一方で、どうにも飛越にはミスがちらほらと散見されること、馬場に足を取られた際にスピードを削がれるような走りをしており、ここ2走は重馬場に泣いたというのが現状だろう。最終障害でのミスも馬場が悪化していれば立て直すことは難しかったものである。人気を背負ったAngels Breathは勝ちに等しい内容の2着。斤量差を考えれば現時点の実力はこちらが上である。

 

*Fairyhouse Good (Good to Yielding in places)

Winning Fair Juvenile Hurdle (G3) 2m

https://www.sportinglife.com/racing/results/2019-02-23/fairyhouse/513979/winning-fair-juvenile-hurdle-grade-3

ハナに行ったWay Back Homeがそのまま逃げ切り勝ち。2着には後方にいたMorosiniが入った。人気のAuthorizoは3着。

Way Back HomeはHurdle自体は昨年の9月から使っていた馬で、前走ようやく未勝利を脱出している。良馬場での軽いスピードという面では見どころはありそうだが、今シーズンはどうにもそのようなタイプが多いため、いまいち力関係は図りにくいところがある。Morosiniは人気がなかったが、エンジンを入れてからはパワフルでストライドの大きな走りを見せていた。続戦に期待したい。人気を背負ったAuthorizoは案外。フランスからの移籍馬だが、どうにも雑な飛越が目についた。

 

Bobbyjo Chase (G3) 3m1f

https://www.sportinglife.com/racing/results/2019-02-23/fairyhouse/513982/betvictor-bobbyjo-chase-grade-3

Alpha Des Obeauxがある程度引っ張る展開も、好位から進めたRathvindenがゴール前これを交わして勝利した。3着以下は大きく離れた。

Rathvindenは昨シーズンのNovice上りの馬で、今年11歳になるのだが途中で1004日の休養を挟んでいるため、まだ年齢から考えられるほどのレース数はこなしていない。今シーズンはこれが復帰初戦となる。CheltenhamのNational Hunt Challenge Cupを制した高い持久力を持っており、飛越技術も良い物を持っていることを考えれば、やはりNational路線となるのだろう。G1クラスで戦うほどのスピードがないのは昨シーズンの段階ではっきりしている。この路線の常連であるAlpha Des Obeauxは積極的なレースで見せ場を作った。Valseur Lidoは以前のようなスピードはすでに内容で、今回も勝負所から先頭集団について行けず。牝馬Magic of Lightは落馬に終わったが、あれは単なる凡ミスだろう。