にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/06/10 Italy Racing

*Merano morbido

Premio Val Passiria (Steeplechase Condizionata) 3900m

https://youtu.be/vpGO_tAc9Ns

Ole Caballeroが逃げるも障害手前で減速した関連でAlmost Humanが先頭に代わる。途中でOle Caballeroが落馬。残り2障害辺りから軽く仕掛けて先頭にIl Superstiteに並びかけていったAl Bustanがそのまま7馬身差をつけて快勝した。

Al Bustanは前走のMuroのミスの直後に大事を取って止めていたところがあったのだが、ここではさすがに力を見せた。MeranoのSteeplechaseに対応した飛越の高さと器用さが武器の馬で、馬群を抜け出してくるときの機動力も兼ね備えた馬である。来週のSvenskt Grand Nationalはパスしておそらく今年もMeranoに専念するものと思われる。Il SuperstiteもさすがにGrande Steeplechase di Milano (G1)の2着馬であり力は見せたのだが、いくらなんでも相手が悪すぎた印象。今年もAl Bustanの主な相手はフランスからの遠征組になるだろう。

 

Premio Saltusio (siepi condizionata) 3500m

https://youtu.be/CLjYtXs47xI

制御を欠いたQuinze De La Roseが逃げる展開。これを残り4障害辺りからPiton des Neiges、Mushreae、Schindlers Arkなどが捲っていくも、追いかけてきたKifaayaをPiton des Neigesが抑えて勝利した。3着以下は遅れた。

Piton des Neigesはフランスからの移籍馬で、Prix Congress (G3)においてEchiquier Royalの3着もある馬。チェコに移籍してここまでSteeplechaseを使うも勝ち星は上げられず、Siepiに移行してこれが初勝利となった。さすがに飛越技術は高いようで、ある程度Quinze De La Roseが引っ張った展開を勝ち切ったことは評価できる内容。Gran Corsa Siepi di Merano (G1)勝ちのあるKifaayaは案外な内容で、G1勝ち以降は母国Slusoviceの平地競走の1勝のみに留まる。どうもここにきてもともと持っていた爆発力が影を潜めており、以前であれば唸るような手ごたえで上がっていく馬がやや騎手が押していっているのは馬が変わってきているということなのかもしれない。

 

Premio Val Martello (Steeplechase Novice) 3800m

https://www.youtube.com/watch?v=G886rW_LWug&feature=youtu.be

Prince D'Orageが軽快に逃げる展開。勝負所からPrince D'Orageが差を広げにかかるも、最終コーナーの辺りで滑って転倒。代わって先頭に立ったLive Your LifeがPazzescoを抑えて勝利した。

レースの内容としてはPrince D'Orageの勝利と言ってもいいかもしれない。もともとはフランスでデビューした馬だが、前走ではEdef Xam以下を15馬身抑える強い勝ち方を見せていた。優に重賞クラスの力はある馬と思われる。Live Your LifeはSiepiではG1勝ちのある馬で、これがSteeplechaseは初参戦となる。やや飛越に躊躇する面があったためスピードには乗り切れなかったのだが、これをきっかけに良くなってくれば。どうにもイタリア勢はSiepiはともかくSteeplechaseでは国外からの参戦馬に完敗続きであり、地元イタリア勢としては楽しみな一頭になるだろう。