にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/08/14 New Zealand Racing

*Racing Te Aroha @ Te Aroha Heavy11

Become A Member of Racing Te Aroha Hurdle MDN HDL 3100m

https://loveracing.nz/RaceInfo/48442/1/Race-Detail.aspx

Magnanimous Man、Freewheelerなどを制してハナに行ったTrisha Leaがそのまま逃げ切り勝ち。

Trisha LeaはHDLは初参戦にして初勝利。平地では7勝を上げた実績馬で、重賞勝ちこそないものの今年の7月に平地で勝ち星を上げているように比較的フレッシュな状態でのHDL参戦であったと思われる。飛越は終始安定していたが、今回は自分のペースで進めることが出来ただけにクラスが上がってどこまでやれるかは微妙だろう。In A MinuteはHDL3戦目だが進捗のある2着。最後の平地部分でのストライドの大きさは目立っており、飛越技術が向上すれば勝ち上がりは早いだろう。人気になっていたSummer Warriorはさっぱり動けなかったが、ここのところかなり詰めて使っているだけに疲労が心配である。

 

The Grand Tavern Open Hurdle RST OPN HDL 3100m

https://loveracing.nz/RaceInfo/48442/2/Race-Detail.aspx

Henry Tudor、Sino Heightsなどを制してSenassyが逃げる展開も、好位から進出したBay Rockerがほぼ持ったままで勝利した。Senassy、Henry Tudorと続いた。4着にはSino Heightsが復活していたようだ。

Bay RockerはHDLは3勝目。ここまでPJRには参戦歴がないのだが、やや大柄な馬体から繰り出されるパワーのあるストライドを見る限りPJRでもやれる可能性がある。STPへの参戦歴はあるものの、当時の相手はTallyho Twinkletoeなのでこれはどうしようもないだろう。若干微妙な飛越はあったが今後が楽しみな馬である。Senassyは自分のレースをした。前走のTaumarunui Hurdle (RST OPN HDL)は落馬に終わったが、このクラスでもやれる目途をつけた。

 

Graham Lemon Murray Darroch, Optimism Steeple MDN STP 3500m

https://loveracing.nz/RaceInfo/48442/5/Race-Detail.aspx

WillareとToodalooが並んで逃げる展開。途中からToodalooが先頭に代わるが、さらにここにEl CorbyとKokanee Goldが接近。2頭の激しいたたき合いは同着という形で終わった。Willareは3着。

ニュージーランド障害で同着というのは珍しい。Kokanee Goldは13歳馬でHDLでもMDN勝ちがある。STPは6戦目での初勝利とした。遡ると2014年辺りから障害を走っていたようで、そのタフネスには恐れ入るところである。13歳と年齢をかなり重ねているだけに、どこまで現役を続行するのかはわからないのだが、最近のパフォーマンスを見ていると決して衰えがあるわけではなさそうだ。El CorbyはSTP初参戦にして初勝利。HDLではPJRで戦うだけの能力を持っていたのだが、どうにも飛越がおぼつかず勝ち星を重ねることが出来なかったところがある。STPでもやはり飛越はあちこち怪しいところはあるのだが、ひとまずMDNは脱出ということで楽しみが広がるだろう。

 

Te Aroha Veterinary Services Open Steeple RST OPN STP 4200m

https://loveracing.nz/RaceInfo/48442/6/Race-Detail.aspx

Just Got HomeとCabello Noirが並んで逃げる展開。途中からCabello Noirを競り落としたJust Got Homeがそのまま逃げ込みを図るが、するすると進出してきたRaisafuashoがこれを制して勝利した。2着には復活してきたCabello Noir

RaisafuashoはこれでSTPは2戦2勝とした。HDLで見せていたスピード能力の高さはここでは大きな武器になるようで、飛越技術に関しても怪しいところは見られなかった。あとは距離的な問題だけだろう。12歳と年齢を重ねている分、どこまで伸びしろがあるのかは微妙なところがあるのだが、もう少し長くSTPで見てみたい。Cabello Noirは一旦遅れる場面があったのだが、そこから盛り返して2着まで来た。MDN勝ちのあとはどうにも精彩を欠いていたのだが、ひとまずRST OPNクラスでも戦えることを示した。Just Got Homeは強気に乗った分の3着。Lacustreは向こう正面のところで大きなミスがあった。