にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/08/15 Italy Racing

*Merano Tempo Vario - Terreno Buono

RISTORANTE ROESSL RABLA' Euro 13.000 4100m

per cavalli di 5 anni ed oltre (Cross-Country - CONDIZIONATA - G.R.-AMAZZONI-FANTINI)

http://webtv.awsteleippica.com/index.php/video/68336/corsa-01-galoppo-merano-150819#

Broughtonがゆったりと逃げる展開も、途中から先頭に立ったAmaranthusがそのままスパートし、後続に5馬身差をつけて快勝した。Power Zar、Almost Humanと続いた。

チェコからかなり強力なメンバーが参戦していたのだが、今回は地元勢が一日の長を見せる結果となった。AmaranthusはSiepiではEttore Tagliabue (G3)勝ちのある馬で、同世代相手であればG1クラスでも戦うだけの能力を持った馬。最近はCross Countryに移行し、Grande Steeplechase di Roma (G3)では3着に入っている。前走も途中からぶっ放した挙句最後は脚が上がって捕まっているように、どうにも脚の使いどころが難しい馬のようだが、今回はうまくコントロールすることが出来ていたようだ。正確な飛越というよりは細かい障害におけるスピード能力に優れているように見えるため、Meranoの他にはPardubiceでも可能性はあるだろう。チェコのPower ZarはAmaranthusの一瞬のスピードにやられた感があるが、これが初めてのMeranoのCross Countryであることを考えると上出来だろう。Marcus Aureliusはいまいちどこで走るのかわからない馬だが、やはり飛越を見る限りでは技術は確かな物を持っている。人気を背負っていたBroughtonは凡ミスで落馬。

 

CREME ANGLAISE - MEMORIAL GILBERTO GIOTTOLI Euro 23.000 TRIO 3800m

per cavalli di 5 anni ed oltre (Steeple-Chase - LISTED RACE - FANTINI)

http://webtv.awsteleippica.com/index.php/video/68337/corsa-03-galoppo-merano-150819#

Bugsie Maloneがゆったりと引っ張る展開。好位から進出したL'Estranがスムーズに先頭に立つと、そのまま追いかけてきたAl Bustanを振り切って勝利した。Dusigroszが3着。

L'Estranはもともとフランスで走っていた馬で、2017年の秋にチェコに移籍している。その後はさほど順調に使えなかったのか、Gran Corsa Siepi Di Pisa (G3)にて2着がある程度だが、今年の6月にフランスのDieppeで勝利を挙げている辺りはさすがに能力的には高いものを持っているようだ。飛越にはフランス出身馬らしく身体能力の高さを感じさせる場面が随所にみられ、Al Bustanを完封した辺りからも今後のイタリアSteeplechaseにおいて面白い存在になりそうだ。Al BustanはGrand Steeplechase D'Europa (G1)に続く2着。飛越技術は素晴らしいのだが、以前のような一瞬の機動力という面では若干見劣るような感もある。もともとイギリスで走っていたBugsie Maloneはさっぱり見せ場を作れず。