にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/09/16 Italy Racing

*Merano Terreno Morbido

Oreste De Strobel

per cavalli di 4 anni ed oltre (Cross-Country - DISCENDENTE - G.R.-AMAZZONI-FANTINI) 3900m

https://www.youtube.com/watch?v=A36NIlAHKC8&feature=youtu.be

Azamourdayが逃げる展開だが、少しずつ位置を上げたNilsが二連続障害の辺りで前に出ると、そのまま追い込んできたCatalaunian Fieldsを凌いで勝利した。

スタート前からJan Faltejsekが自ら馬を曳き、スタート直前に騎乗するという動作をしている。NilsはイタリアCross Country Specialistだが、どうにも最近はスタートに難があるようで、一頭大きく置かれてスタートしたり、発馬拒否したりと難しいところを見せている。おそらく今回のJan Faltejsekはそのあたりを解消するためにこのような工夫をしていたのだろう。飛越に関しては若干踏切位置が合わない場面があったが、それでもスピードで押し切る辺りはさすがは経験豊富な馬と言ったところ。76kgを背負ってのこの勝ち方はやはりかなり他とは差があるように見える。Catalaunian FieldsはMeranoのCross Country自体はさほど経験がない馬で、もともとはアイルランドのSteeplechaseを走っていたらしい。どうにもイタリアに来てからあまり実績を残せていないのだが、今回は珍しく2着まで頑張った。ただしやはり飛越にはもたつく場面が多く、最後はフラットのスピードだけで2着まで追い上げてきたという内容。イタリアの障害に慣れればもう少しやれるのだが。KitanoはMeranoの短距離Cross Countryで3連勝してきた馬。今回はさすがに相手が悪かったか。