にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/06/25 New Zealand Racing

*Racing Te Aroha @ Te Aroha Heavy11

Victor & Frank Matijasevich Open Hurdle RST OPN HDL 3100m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/45554/1/Race-Detail.aspx

貫禄のHeavy11。

Thenamesbondを制してThe Shacklerが逃げる展開。やや遅れてCandidly、Ngatira Gold。早々にThat's How it Goesはついていけなくなる。2周目からThenamesbondが絡んでいくも、残り800m地点から失速。Ngatira Goldが差を詰めにいくもむしろ突き放され、The Shacklerがそのまま圧勝。2着にはNgatira Goldが入った。

The ShacklerはこれでHDL2勝目。なぜかEric The Vikingがいた前走のMDNでも20馬身差の圧勝を飾っており、その勢いのままのレースとなる。とにかく前半から注文を付けてハナに行き、ある程度ハイペースを刻んでいく形が合っているようだ。前走ではやや危なかったしかった飛越も今回はある程度向上が見られた。トラブル明けだったとはいえNgatira Goldを完封したパフォーマンスは立派だろう。一方のNgatira Goldは残り2障害地点でミスがあったが、今回は勝ち馬に完敗の内容。Thenamesbondはこの馬の形に持ち込みたかったが、The Shacklerの出足が強烈だったんので仕方ない。

 

Frank & Annie Matijasevich Memorial Open Steeplechase RST OPN STP SWP 3500m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/45554/7/Race-Detail.aspx

例によってNells Belleが逃げる展開。これを追いかけてNoah Jon、Amanood Lad。Jack Romanovは中段から。2周目からペースを上げたNells Belleはそのままリードを広げると、追ってきたNoah Jonを振り切って勝利した。3着にはKings Kite、Jack Romanovは大敗。

Nells BelleはMcGregor Grant Steeplechase (PJR)にて比較的ハイペースで引っ張る形で見せ場を作るも、そのあとのManawatu Steeplchaseでは落馬に終わっていた。今回はShuan Fanninに乗り替わっていたのだが、ここでは前走とは変わってゆったりとした入りから少しずつペースを上げていく形を作ることが出来た。最後はやや足が上がっていたが、このくらいの長さのスパートであれば持つということだろう。3500mと比較的短い距離のレースであったが、抑えが効くようであればGrand National Steeplechaseに向けて楽しみになる一頭。Noah Jonは全く人気がなかったが見せ場を作った。Kings KiteはRST OPNにはめどをつけられる一戦。Amanood Ladはここではこのくらい走れば十分だろう。距離も短く、ここで無理をするようなものでもない。Zed Caseは全く走らなかったが今季初戦でもあり、このようなものなのだろうか。Jack Romanovは重馬場の馬群に入って、前を捌くのに苦労していたら足を無くしてしまった印象。