にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/5/31 New Zealand Racing

*Otago (NZL)

Otago Hurdles RST OPN HDL 2700m

NZLのHurdleレース。Hurdleとしては比較的英愛のものに近い印象。とりあえずRating上位の馬から。

Superchargedは9歳のセン馬。まさに歴戦の兵と言ったところだろう。Hurdleでは4勝を挙げており、前走はJJ LTD Great Western HurdleでStorm Homeの2着に入っている。ただし勝ち星という点では2014年のJoin NZ Jumps Inc. Hurdle (RST OPN HDL)以来遠ざかっている点が気がかり。前走Central Southland Freight Hurdle (RST OPN HDL)を勝利したのがNeedastar。Hurdleでは6戦3勝とややキャリアは浅いが、Speight's Premier Hurdle勝ちなどもあり実績的にも十分か。SuperChargedを前走下しているのがStorm Home。前走のJJ LTD Great Western Hurdleで初勝利を挙げた。Tom Wood Farewell Hurdle勝ちがあるのがFaites Vos Jeux。近走の惨敗はいずれも平地なので度外視。JJ LTD Great Western Hurdle4着のCecilだが、勝ち馬とはやや離された敗戦。JJ LTD Great Western Hurdle3着のHarry Hill。こちらもやや勝ち馬とは離された敗戦か。

 

Race 3: NZ JUMPS INC. OTAGO HURDLES / RaceInfo / NZRacing

Superchargedが逃げる展開。途中からNeedastarが絡みに行き、二周目の途中からは先頭に立つ。最終コーナーではSuperchargedは一旦脱落。しかし外を回って追い上げたCecilが内から抜け出してきたHarry Hillとの叩きあいを制して勝利。2着にはそのHarry Hill、3着には盛り返したSupercharged、4着にはバテたNeedastar、5着には最終障害で挟まれる不利のあったStorm Homeが入った。Faites Vos Jeuxはついていけず大敗。

展開が大きくモノをいう結果になった。CecilはNeedastarが仕掛けた際についていかず、ワンテンポ遅らせた仕掛け。Hary Hillとの差は道中のスムーズさだけだろう。Superchargedもトップハンデの69kgを背負って力を見せた。Storm Homeは最終障害での不利が悔やまれる。いずれにせよ、この5頭は大して力差はないだろう。

 

A2B Horse Transport Open SteepleChase RST OPN STP 3200m

トップハンデのHigh Forty。ここに来てHazlett Contractiong Steeplechase(RST OPN STP)をGargamelの2着、Colac Bay Tavern & Holiday Park 109th Great Western Steeplechaseを69kgを背負ってKeep it Tight、Duminyらを下すなどと近走好調である。その2着のKeep it Tight。前走とはHigh Fortyとは1kgのハンデ差がつく点が有利か。勝ち馬とは3馬身差なのでここは逆転の目もある。同3着のDuminy。ハンデこそ楽にはなるが流石に負けすぎか。Rating的にはかなり下となるのがRadinka。Steepleでは未勝利という点も気がかり。さすがにJamie Leeも格下か。

 

Race 5: A2B HORSE TRANSPORT OPEN STEEPLECHASE / RaceInfo / NZRacing

Jamie LeeとKeep it Tightが並んでレースを引っ張る展開。途中から一気にJamie Leeが仕掛け、一時は後続に8馬身ほどの差をつけるも、最終コーナーでは人気のHigh FortyとKeep it Tightが並びかけ、最終障害では3頭並んだ状態に。そこから抜け出してきたのがトップハンデのHigh Forty。2着にはKeep it Tightが入った。

Hight Fortyは着差以上に強い内容と言っていいだろう。もっとも、道中スムーズに、かつ内を廻って進出できたのも大きいと思うが、Keep it Tightとは1kg差、Jamie Leeとは5kg差があっての勝利。力の差は歴然としているだろう。 Jamie Leeは積極的な競馬で見せ場を作るも最後遅れ3着。やや上位2頭とは力差があるか。