にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

15/6/21 National Hunt Racing

*Worcester Good

Handicap Hurdle (C2) 2m4f

まさかのChampion Courtの参戦があったレース。同馬は大外の先頭集団から。かなり他の馬からは距離をとって走っていた。内にはLaudatory、Get Home Now。スタンド前からBallyglasheenが先頭に。相変わらずChampion Courtは大外を回るが、この2頭が後続を一時は10馬身程度引き離す展開に。向こう上面でChampion Courtにムチが飛ぶ。しかし先に脱落したのはBallyglashhen。代わりに上がってきたのはDubh Eile、Vucanite。Champion Courtが先頭で最終障害を飛ぶも、更に上がってきたAficionadoがこれを交わし一旦は完全に先頭に。しかしここからまさかのChampion Courtの猛追が炸裂。最後はAficionadoを交わし劇的な勝利。2着にはAficionado、遅れてDubh Eileが入った。

Champion Courtは11st12lbという厳しいトップハンデを背負っての勝利。先日C3のハンデ戦でやはり同量の斤量を背負って勝利している。G2勝ちなど実績的には完全に上の馬だが、長く低迷していた。ここにきてようやく浮上のきっかけを掴んだといったところだろうか。他の馬から離してレースをしていたり、一時はレースを辞める素振りを見せたりと難しいところがあるようだが、かつては一線級と戦っていた馬、地力という点ではこのクラスにいて良い馬では無い。なんとかもう一花咲かせて欲しいところ。