にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/10/02 National Hunt Racing

*Tipperary Soft to Heavy

Arcに関しては外回したとか引っかかったとかいう次元の問題じゃないでしょというのが雑感。そもそも勝負の土俵にすら登れていない。競走馬の特性に対して選択圧が掛かる方向で負けているのかなと感じた。

 

Istabraq Hurdle (G2) 2m

圧倒的人気のIvan Groznyがやや離し気味に逃げる展開。Bentelimar、Hargam、Plinthなどが追うが、少しずつ脱落。結局唯一残ったBentelimarがIvan Groznyを追うが、これを尻目にIvan Groznyが軽く仕掛けて4馬身差の快勝。Hargamは大きく離れた。

序盤から他馬を圧倒するハイラップを刻めば自動的にそれについてこれない馬は脱落するという、見たままの結果である。Ivan Groznyはこれで平地を挟み3連勝。今年の夏から力を付けた馬で重賞は3勝目となる。ただしこのメンバー相手にはこのラップを刻むことで圧倒することが出来たが、相手が強化された場合には通用しないだろう。ぴったりとマークされた場合などの対応には課題が残る。昨シーズンは短距離Hurdleの一線級と戦ってきたHargamは残念ながら力負けの印象。今季初戦としてもやや負けすぎだろう。