にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/08/05 New Zealand Racing

*Riccarton Park - Canterbury JC @ Riccarton Park Heavy11

Racecourse Hotel & Motor Lodge Sydenham Hurdles OPN HDL 3100m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/46181/1/Race-Detail.aspx

Revengeが逃げる展開も、残り3障害辺りからGo Go Gonzoが先頭に。人気を背負ったNgarioが追いかけるが、差は詰まらずそのままGo Go Gonzoが逃げ切り勝利した。2着にはHeistheoneが入った。

Go Go GonzoはこれでHDL3勝目。前走はRST OPNにて大敗していたが、巻き返しとなる勝利となった。前走はハンデを気にしたとのことだが、今回は65kgと負担重量が軽減されたのもよかっただろう。やや小型の馬であり、どちらかというと遠い位置から飛越をするタイプだけに、これからも馬群には入らず好位で運ぶレースが鍵となるか。Heistheoneは追い込むも2着。飛越の点でやや拙さが残った。昨年のGrand National Hurdles (PJR)の勝ち馬Ngarioは本番に向けて格好はつけたが、昨年から増える斤量の克服が課題。

 

NZI Koral Steeplechase OPN STP 4250m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/46181/5/Race-Detail.aspx

Kina Win、Palemoが先頭を伺うも、例によってThe Big Opalが逃げる展開。これを追いかけてBrok Bak、Palemo、Tai Hoだが、残り3障害辺りからThe Big Opalが差を広げるとそのままKina Winを振り切って勝利した。3着にはTai Ho。

The Big Opalは今シーズンWaikato Steeplechase (PJR)を制し、現状ではGrand National Steeplechase (PJR)に向けて最有力の中の一頭と言っていいだろう。最後Kina Winに差を詰められたのは最終障害を丁寧に飛んだ分か。Wairepo Hereford Stud Steeplechaseの1, 2着であったKina Win、Tai Hoもまた力を見せた。昨年のGrand National Steeplechase (PJR)の勝ち馬Upper Cutはやや離された4着。Zed Caseは例によってAaron Kuruが散々苦労していた。Palemoはもう少し馬場が良くなった方が向くかもしれない。