にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/05/08 Czech Racing

*Pardubice 3.0 (pružná)

https://dostihy.tv/pardubice-8-5-2018/

全ては書いていないのであしからず。レース映像は上のリンクから。

 

Cena Dostihového spolku a.s. (2. dostih)

Proutky IV.kat. - 3500 m, cena, 5letí a starší 60.000 Kč

Brog Deasが飛ばす展開も、残り2障害辺りからHasanが先頭に立つとそのまま後続を突き放して圧勝。5秒近く離れた2着にはYaraが入った。

HasanはこれでProutky3戦2勝とした。若馬ながらHurdleでの飛越は安定しており、良馬場ながら後続を圧倒したスピードはかなり楽しみなものがある。MeranoにてG1を3勝してきたチェコのBrog Deasは2016年のGran Corsa Siepi Di Merano (G1)以来の実戦であり、やや飛越としても危なっかしいものが見られた。これを叩いて代わってくることを期待。まともであればイタリアSiepiにおいてチェコ代表として胸を張れるだけの馬。チェコオークスにも出走したYaraは障害未勝利馬だが、今回のレースを見る限り勝ち星は近いだろう。

 

Cena Dostihového klubu (4. dostih)

Steeplechase crosscountry III.kat. - 3500 m, cena, 5letí a starší 90.000 Kč

Turdusが逃げるもDropにてミスして後退。代わってAucun Soucisが先頭を伺うも、再度盛り返したTurdusが先頭を奪うと、そのまま後続を突き放して勝利した。2着にはTuroni。

TurdusはStcc3勝目。これでIII kat.は連勝とした。ただし昨年は3連続で落馬をやらかしていたり、どうにも飛越には怪しいところが残っているようで、今回も生垣での踏切位置のミスやDropでのもたつきといったところが見られた。70.5kgを背負っての勝利はさすがに力が抜けていたようだが、これよりも上のクラスを目指すとなると飛越の面で課題が残る。ポーランドで主に走ってきたTuroniは安定したレース振りを見せた。スピード能力を考えると、小回りのコースの方がよさそうな印象。

 

Cena podporovaná společností PROVET (5. dostih)

Steeplechase I.kat. - 3900 m, cena, 5letí a starší 150.000 Kč

Mustamirが先頭を伺う構えも、馬群は一段となって進行(嘘)。最終コーナー辺りからMustamirにAztek、Krocoleonが接近するも、そのままMustamirがAztekを抑えて勝利した。Peintre Elusifが3着。

一頭別次元のレースをしている馬がいるがいつものこと。Mustamirはチェコ国内のSteeplechaseであれば比較的安定したレースを見せており、今回も勝負強さを発揮した。ただしイタリアには2015年の1度きりの遠征のみにとどまっており、今後の動向が注目される。Wielka Partynickaという選択肢もあるかもしれない。Křišťálový pohár města Pardubic (Stch NL)の勝ち馬AztekはPardubiceのSteeplchaseは初めてであったがよく走った。平地能力はかなり高い馬で、この飛越が出来るのであればここから楽しみが広がる。Tahiniはやや勝負所の飛越でミスをする場面があった。このような馬群が密集した瞬発力勝負でのミスはやや苦しくなる。一頭別次元のレースをしている馬(Trim)はこのコースの2周目の途中で早々に脚が上がっていたが、あれが持ち味なのでそのうちきっといいことがあるだろう。爆走した挙句、2周目の途中でふらふらになる馬とか滅多にいない。

 

Cena města Pardubic - Úvodní Cross Country Koroka (6. dosith)

Steeplechase crosscountry I.kat. - 4500 m, cena, 5letí a starší 150.000 Kč

2016年のVelka Pardubickaの勝ち馬Charme Lookの復帰戦。2015年の同レース2位入線(1着繰り上がり)のRebelinoも出走していた。逃げるのはCharme Lookだが、途中の生垣をミスして後退。IzynkaがWild Dangerを抑えて勝利した。Charme Lookは3着。

やはりシーズン初戦ということでかなり大事に乗っているようだ。Charme Lookは2017年のI. kvalifikaceでも大事に乗ったはいいものの飛越をミスして落馬しているのだが、今回も似たような展開となった。どちらかというとマイペースで淡々と運んだ際に強さを発揮する馬で、ペースが速すぎても遅すぎても対応が難しくなる。この馬にとってVelka Pardubickaへの出走にはkvalifikaceの完走が必要であり、逆に言えばkvalifikaceへの良いたたき台となったといえるかもしれない。IzynkaはCena Pivovarů Staropramen - Cena Laty Brandisové (Stcc NL)を勝った馬で、この馬なりに力はつけているようだが、ポーランドでの走りを見る限りDelight My Fireとはまだ差がある印象であるため、どこまで差が詰まっているのかは注意しておいた方がいいだろう。また、ペースが上がったときの追走能力は未知数といったところ。Wild Dangerは円熟味を感じる2着。古豪Univeres of Gracieは相変わらず走ったり走らなかったり。Ter Millはこのような展開は合わない。Rebelinoは体調が整わずに長期の休養に入っており、ひとまず走り切ったことが収穫だろう。Sergeant Thunderは心配な競争中止