読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/11/06 French Racing

*Auteiul Terrain très souple à collant

Prix Maurice Gillois (Grand Steeple-Chase des 4 Ans «Le Parisien»)

Groupe I - Steeple-chase - 4 ans - 350.000 € - 4.400 mètres

葦毛のPunch Nantaisが先頭を伺う構えも、これを制してPoly Grandchampが先頭に。好位からPunch Nantais、Galop Marin、Saint Richard。生垣にてPunch Nantaisが落馬。Roi Mageが好位に進出。スタンド前の大水壕障害は全馬無事飛越。この辺りからSaint Richardは後退。Timber Rail辺りから人気のPaulougasがじわじわと進出し先頭に。Carriacouも進出。残り2障害からCarriacouが先頭に立つと、そのまま追いかけてきたSainte Turgeonの追撃を抑えきって勝利した。Poulogasは3着まで。

波乱の決着となった。SarriacouはEnghien-SoisyにてPrix Hopper (Steeplechase G3)勝ちのある馬だが、Punch Nantaisの勝利したPrix Ferdinand Dufaure (Steeple G1)では大敗していた。2着のSainte Turgeonもまた実績のない馬だが、前走Prix Orcada (Steeplechase G3)でPaulougas相手に1馬身差なので力はあるのだろう。実績上位のPunch Nantaisは勿体ない落馬だが、いずれにせよさほど抜けた馬はいない印象。

 

Prix la Haye Jousselin

Groupe I - Steeple-chase - 5 ans et plus - 550.000 € - 5.500 mètres

人気の一角So Frenchが先頭を伺う構えも、これを制してMilord Thomasが先頭に。好位置からSaint Palois、So French、Alary。Storm Saintlyは中団、Shannon Rockは後方から。スタンド前の大水壕は全馬クリア。その後の生垣障害でSo Frenchが前脚での着地にミス。再度のスタンド前辺りからMilord Thomasは少しずつペースアップ。Pindareは後退しPU。好位置からSo French、Alary、Saint Paloisなどとさほど隊列は変わらない。Open ditchにてStorm Saintyがミス。残り2障害辺りからAlaryが逃げるMilord Thomasに並びかけるも、Alaryとの激しい叩き合いをMilord Thomasが制した。3着にはStorm of Saintly。

Milord Thomasは2015年のGrand Steeple-chase de Paris (Steeplechase G1)などG1を4勝している名馬。今年の同レースはSo Frenchの4着に負けていたがここでは力を見せた。飛越も安定しており今後もフランスSteeplechaseを引っ張っていく馬だろう。Alaryも見せ場十分の2着。今年のGrand Steeple-chase de Paris (Steeplechase G1)でも3着があるように力はある馬だが、どうにも勝ち味には遅いようで勝ち鞍としてはListedのみにとどまっている。2014 Grand Steeple-chase de Paris (Steeplechase G1)の勝ち馬Storm of Saintlyは途中のミスが響いた。最後は差を詰めているだけにこの馬もさほど差はないだろう。So Frenchはやや若さを覗かせていた。

広告を非表示にする