にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/01/21 French Racing

*Pau Tres Lourd (5.2)

131Eme Grand Prix De Pau (Steeplechase / G3) 5300m

http://www.france-galop.com/fr/courses/reunion/20180121/czJJOTRmUnYrSGlGOGVjT0txTkYydz09

Galop Marinが逃げるも、これを好位で追いかけてMonsamouが抜け出し勝利。2着には12歳のPolipaが入った。

馬場はわりと限界まで悪くなっている。馬場に張り付いて掘るような走りは日本の馬場ではまず見ることはできないものだろう。MonsamouはさかのぼればPrix Robert de Clermont-Tonnerre (G3)勝ち、Paris Turf Prix Maurice Gillois Grand Steeplechase des 4 ans (G1)にて4着のある馬ではあるのだが、その後はめっきり良いところがなく、近年はほぼPauを中心に走っていた。なんだかんだでAuteuilで重賞を勝った時も馬場は悪くなっており、このような馬場は合うのだろう。近走はListedからCompiegneの重賞でも安定した走りを見せいてたPolipaは2着まで。Grand Steeplechase de Compiegne (G2)を勝ったPaulougasはPUだが、馬場が合わなかったのだろうか。

 

Prix Cocktail Vision (Cross Country) 4100m

http://www.france-galop.com/fr/course/detail/2018/O/dTc1UjZlTWdIUlMrLzMrSlFXenhvUT09

Le Terible Noirが逃げるも早々にミスをして後退。代わってDnase Royaleが先頭に立つが、これもミスをして後退。VanesseとDragee HauteのマッチレースはDragee Hauteがゴール前でVanesseを抑えて勝利した。離れた3着にはCarmez。

もはや不良馬場適性の勝負と化している。Dragee Hauteは5歳の牝馬で、Cross Countryは初参戦。LignieresのSteeplechaseで勝ち星はあるが、初めてにしては障害自体は問題なくこなせていた。とはいえPauのCourse Specialistと渡り合うにはやはり飛越にはまだ不安が残るだろう。VanesseはPauは5戦目であり、飛越自体にはこちらに分があったように見える。