にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/03/16 National Hunt Racing - Cheltenham Festival - Triumph Hurdle (G1)

*Cheltenham Soft (Heavy in places)

http://www.attheraces.com/racecard/Cheltenham/16-March-2018/1330

https://www.youtube.com/watch?v=RT2gGnMCAcQ

Stormy Islandが逃げる展開。これを好位でSayo、Sussex Rangerが追いかける。その後ろにApple's Shakira。Stormy Islandは軽快に逃げるが、残り2障害辺りから一気に加速したSayoが先頭に。しかしこれを馬群を抜けてきたFarclasが交わすと、Mr Adjudicatorを凌ぎ切り勝利した。Sayoが3着。Apple's Shakiraは4着まで。Stormy Islandは最終障害で落馬。

アイルランド調教馬が1~3着を占める結果となった。FarclasはこれがHurdle初勝利だが、Spring Juvenile Hurdle (G1)にてMr Adjudicatorの2着に入っている。FarclasとMr Adjudicatorを比較するとFarclasの方がやや胴長でストライドが大きく伸び、コーナーから一気に加速してゴールまで足を伸ばすレースには適した走法をしている。一方のMr Adjudicatorは小柄のピッチ走法であり、Farclasとは対照的に馬群を抜けてくるレースをしていたが、やはりCheltenhamであればFarclasの方に適性があったということだろう。Sayoは全く人気がなかったが好走した。やや行きたがる面が見られたが、Hurdle2戦目でこのレースは大健闘の内容。人気のApple's Shakiraは瞬時に加速できる馬ではなく、勝負所で散々前に入られて行き場所がなくなってしまった。できれば逃げて展開を作っていった方がいいだろう。度外視できる敗戦。Kemptonで圧勝してきたMediceanは完全に馬場に脚を取られて勝負にならなかった。ハットトリック産駒Sussex Rangerも馬場がつらかったようだ。前走未勝利戦で58馬身差の圧勝劇を演じてきたStormy Islandはもったいない落馬。