にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/10/15 Japanese Racing

*Tokyo Yielding

Tokyo High Jump (JG2)

タマモプラネットが大逃げを決める展開だが、2周目の後半から少しずつ辛くなり、最終障害を越えて一杯に。代わって追いかけてきたオジュウチョウサンがそのまま後続を大きく引き離して勝利した。2着には牝馬グッドスカイ。

オジュウチョウサンの障害初戦の鞍上が大江原圭だったりするのが地味にツボ(大敗)。これで同馬は骨折による離脱を挟んで障害は重賞7連勝とした。最初期はスローから機動力を生かしたレースをしていたのだが、次第に飛越も安定し、結果としてハイペースに対する追走能力も向上している。障害馬は健康管理さえ出来れば長期的にキャリアを構築できるのだが、この馬はまさにその典型であり、さらにその日本障害競馬を代表する馬としての地位を盤石にしているのだから恐れ入る。2周目の向こう正面でギアを上げた際に2回ほど細かいミスがあるのだが、気にするものではないだろう。馬場を力強く掻き込む走りはかえって馬場が渋った方がよいのかもしれない。本番に向けて視界良好といったところ。現状の日本勢でこの馬に勝てる見込みは薄いので、そろそろフランス辺りにでも行ってくれないものだろうか。ちとTimber Railや石垣系が怖いが、フランスSteeplechaseならこなせるかもしれない。

新潟で勝ってきたグッドスカイは積極的な競馬で2着まで浮上した。飛越としてはHurdlerのものであり中山でどうこうというイメージは薄いのだが、現状この馬のできる目一杯のレースをした結果。快速馬タマモプラネットは派手なレースで場内を沸かせた。最後は馬場もありさすがに脚が上がったが、東京や京都辺りのHurdleであればこのスタイルで勝機があるだろう。あまりストライドを伸ばして惰性で走るタイプには見えず、気性が落ち着けばかえって抑えて機動力を生かすレースをした方が上を目指せる可能性はあるのだが、いずれにせよこのような積極果敢なレースを見せる馬が出てくるとレースが盛り上がるのでよい。残りの後続はなにやっていたのかよくわからない。

あと今年も来るらしいシュミノーは中山大障害参戦するべき。