にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/03/14 National Hunt Racing - Cheltenham Festival - Glenfarclas Cross Country Chase / Crystal Cup

*Cheltenham Soft (Heavy in places)

Glenfarclas Chase (C2) 3m6f37y

http://www.attheraces.com/racecard/Cheltenham/14-March-2018/1610/

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180314/2772107/16565308

フランスからUrgent De Gregaine、Urumqi、Vicomte Du Seuil、Belamix Dorを迎えて行われた一戦。Aintree Canal Turnは馬場が水浸しになっていたのでomitされたらしい。チェコのDelight My Fireとか来ていれば幸せになったかもしれない。

やや注文を付けて逃げたBeevesを制してBless The Wingsが逃げるもBankにて落馬。そのままBeevesが引っ張る。好位からTiger Roll、The Last Samuri、Chic Name。Urgent De Gregaine、Auvergnat、Josies Ordersなどが中段。早々にSaint Areは遅れる。Split Fenceの辺りからThe Last Samuri、さらにTiger Rollが逃げるBeevesに接近し、そのまま先頭に。Urgent De Gregaineが追いかけてくるが、そのままTiger Rollがこれを凌ぎ切って勝利した。The Last Samuriが3着。Auvergnat、Chic Nameと続いた。

Tiger Rollは昨年はJT McNamara National Hunt Challenge Cup (G2)を勝った馬で、Cross Countryはこれが2戦目。チークピーシーズをつけているように集中力に課題がある馬なのだが、だらだらとワンペースで走り切る能力は非常に高いものがある。2回目のCross Countryということで飛越にも向上が見られた。HurdleではJCB Triumph Hurdle (G1)を勝っていたりとなかなか異色の経歴の持ち主だが、去年のCause of CausesやBalthazar Kingのように、Grand Nationalでも面白い存在になるだろう。Anjou-Loire Challengeという選択肢も面白いかもしれない。Velka Pardubickaの2着馬Urgent De Gregaineは惜しい2着。よほどVelka Pardubickaで捕まったのが悔しかったのが、どうにもここ2戦は慎重なレース運びが目立つのだが、この馬通常の飛越はうまいもののペースを上げた際の飛越に関してはイギリス・アイルランド馬に分があるため、ここではできれば積極的な競馬が見たかったというのが正直なところ。それからJCB Triumph Hurdle (G1)を勝ったスピードを持つTiger Rollが相手だとさすがにフラットの脚で分が悪い。

National ContenderのThe Last Samuriは素晴らしいレースを見せた。これが初のCross Countryとは思えないほど飛越は安定しており、最後勝負所からおかれたのはこの馬のスピード能力を考えれば仕方のないことだろう。Grand Nationalでもオーバーペースにならない限りは有力馬の一頭として楽しみである。AuvergnatはやはりPunchestownの方がよさそうだ。単勝100倍のChic Nameは見せ場を作った。なぜかフランスに遠征したりとレース選択が意味不明だが、Cross Countryに可能性を見いだせたことは大きい。Josies Ordersは見せ場を作れず。連覇を狙ったCause of Causesは全く走らなかったが、馬場が言い訳になるかもしれない。Cantlowも馬場が問題だろう。フランスのUrumqiは初のCross Countryだったが途中まではついて行った。Prix Ferdinand Dufaure Presente Par L'Equipe (G1)にて4着に入った素質馬の片鱗は見せた。ただしこの馬に関しては、むしろ若手の調教師David Cottinにとっていい経験になったのではないだろうか。Charlie Deutschを確保したVicomte Du Seuilは案外。Belamix Dorは早々に遅れPU。