にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

17/12/30 National Hunt Racing

*Newbury Heavy

Challow Novices' Hurdle (G1) 2m4f118y

Heavyとはいっても同じ日に開催されたHaydockよりは馬場が良かった印象。Haydockは馬場がすこぶる重いうえに強風も吹いていた。HaydockのレースのあとにNewburyを見るととても馬が速く見える。

Dame Roseが逃げる展開。これを追いかけてMulcahys Hill、Poetic Rhythm、Kil Bricken Storm。途中からMulcahys HillがDame Roseに並びかけるとそのまま先頭に。Mulcahys Hillは快調に逃げ、残り3障害辺りでは後続に大きな差をつけるも、ここから脚色がいっぱいに。結局ここから巻き返してきたPoetic RhythmがMulcahys Hillをゴール前で差し切り勝利した。Kilbricken Stormが3着。

f:id:virgos2g:20171231081422j:plain

馬場が重いとパワーが必要になる一方で、多少不格好でも最後まで走り切ることが重要になる。Poetic RhythmはこれでHurdleは2勝目。昨シーズンからHurdleを使い、そこでは芽が出なかったのだが、今シーズンに入りだいぶ力をつけてきたようだ。走法から見るとかなりのパワータイプであり、一旦はMulcahys Hillに持ったままで置いて行かれたようにスピード能力自体は飛びぬけたものではないようだ。この馬の真価を発揮するのはおそらく馬場が渋った時で、距離的にももう少し伸びても問題ないだろう。Fergal O'Brien師の派手なアクションも併せて注目したい馬。一方のMulcahys Hillはストライドを伸ばして走るタイプであり、体力が残っている際のスピード能力は高いものを持っていた一方で、一旦苦しくなるとストライドが崩れ、Poetic Rhythmの追撃を許した。最後は惰性で走るストライドに切り替えてもう一度エンジンをかけることができているのだが、やはり苦しくなってから踏ん張るという経験がこの馬には必要か。現状馬場としてはもう少しよくなる必要がある。Albert Bartlett Novices' Hurdle (G2)を勝ってきたKilbricken StormはMulcahys Hillのペースアップについていけず、そこから足を伸ばすこともできなかった。Dame Roseは途中までは軽快に逃げたが、Mulcahys Hillに来られてからはリズムを崩して大敗。自ら飛越のテンポを作る必要がある馬であり、今回の展開はやや苦しいところがあった。

 

*Taunton Soft

Mares' Novices' Hurdle (Listed) 2m104y

終始先頭を走ったMaria's Benefitがそのまま圧勝。2着にはIf You Say Runが入った。Sunshadeは最終障害をミスして3着。

Maria's Benefitはこれで4連勝とした。牝馬限定戦とはいえC2のHandicapを快勝する経歴もあり、牝馬限定Novice戦としてはそれなりに戦えそうなイメージがある。飛越には特に目立ったミスはなかったが、走法としてはGood to SoftからSoft向きといった印象だろうか。20fまで持つのであればOLBG Mares' Hurdleという選択肢もあるのだが。