にげうまメモ

障害競馬と艦隊これくしょんの個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

16/11/25 National Hunt Racing

*Newbury Good to Soft (Soft in places)

Fuller's London Pride Novices' Chase (G2) 2m3f187y

Our Kempferが逃げる展開。これを追いかけてVirgilio、Clan Des Obeaux。One Track Mindは第1障害をミスして遅れる。残り3障害辺りからClan Des Obeauxが先頭に持ったままで並びかけると、あとは後続を軽く引き離して10馬身差の快勝。Virigilioが2着に入った。

Clan Des ObeauxはJCB Triumph Hurdle (G1)にて6着に入った馬。今シーズンからChaseに転向し、初戦はRock The Kasbahの前に敗れている。しかしここではOur Keampferがそれなりに引っ張る中、安定した飛越で追走し最後まで脚を伸ばしきる強い競馬を見せた。4歳でこの完成度と学習能力の高さは特筆するべきものがあるだろう。VirgilioはC2勝ちのあるNoviceとしては完成度が高い馬。斤量は1stほど勝ち馬よりも余計に背負っていたが、ややこのパフォーマンスの違いは決定的か。Champion Stayers Hurdle (G1)勝ちのあるOne Track Mindは最初の障害をミス。その後は馬が自信を無くしたのか障害を恐々飛んでいるように見えた。Chase初戦ということで仕方のないところもあるが、ひとまずは立て直しが必要だろう。

 

Long Distance Hurdle (G2) 3m52y

Maximiser、Menorahなどが逃げる展開。好位からReve de Sivola。Unowhatimeanharryは中団の内、Ballyopticは馬群の中に構える。レースは淡々として進行。残り5障害辺りから逃げるMaximiserは後退、代わってMenorahが先頭に。この辺りから上がってきたSnow Falconは残り3障害で落馬。内からスルスルと抜けてきたUnowhatimeanharryが残り2障害で先頭に立つと、Ballyopticを6馬身ほど突き放して勝利した。Menorahが4着。

UnowhatimeanharryはAlbert Bartlett Novices' Hurdle (G1)の勝ち馬。Harry Fry調教師の元に転厩してからこれで6戦無敗というジョークみたいな馬である。とにかく内々でじっとしつつ、馬群を捌いて来ることに長けた馬。そのため道中のストライドロスや飛越の不利を受けることが少なく、また馬場不問で走れる体力とスピードを持っている。ThistlecrackのChase転向で混戦となった長距離Hurdle路線において面白い存在となるだろう。前走は鞍上のミスで落馬したBallyopticは今度は力を見せた。ただしやや行きたがる気性を見せていたこと、それを抑えるために馬群に入れていたが、勝ち馬ほどは馬群の中で器用に飛越していたわけではない辺りが2着という着順に現れたのだろう。Snow Falconは勿体ないところでのミス。G1では実績のない馬だが、手ごたえと勢いから推し量るにこの馬も力をつけているのかもしれない。