にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/08/08 New Zealand Racing

*Riccarton Park - Canterbury JC @ Riccarton Park Slow9

Hospitality New Zealand Canterbury 129th Grand National Hurdles OPN HDL 4200m

https://www.nzracing.co.nz/RaceInfo/47143/8/Race-Detail.aspx

Go Go Gonzoがある程度離して逃げる展開も、2周目からするすると上がっていったLaekeeperがハナに。これを追いかけてSecond Innings、Jackfrostなど。早々にGo Go Gonzoは後退し途中棄権。最終コーナーを回ったところからJackfrostが抜け出すと、そのままLaekeeperに8馬身ほどの差をつけて勝利した。Laekeeper、Second Inningsと続いた。Zedeedudadeekoは最終コーナー辺りから遅れ大敗。

JackfrostはこれでHDL4勝目。PJRは初勝利とした。前走は同じSlow9にてLeakeeperに負けているのだが、最後脚が上がったLeakeeperとは異なり、そこから1000メートルほど距離が延長されたことがよかったのだろう。3000メートルクラスでもそれなりに戦えるスピードはあるのだが、やはり距離的にはこれくらいあった方がよさそうだ。以前はどうにも安定しなかった飛越もここでは問題なく、内内を立ち回ってくる器用さも見せた。Slow9とやや馬場はよかったのだが、さらに馬場が悪化してもやれるだろう。人気のLeakeeperはEmily Farrがやや抑えるのに苦労している面があり、本質的に距離は長いのかもしれない。高いスピード能力を持っている反面、どこか制御が難しいのがこの馬の課題であり、Emily Farrは比較的手が合っているのだが。Second Inningsはさほど人気はなかったが好走した。3000メートルクラスではどうにもスピードが足りないようで、距離延長で浮上する馬という位置づけか。Kiddoは未勝利馬ということを考えれば善戦した方では。Great Northern Hurdle、Wellington Hurdleを勝利しているZedeedudadeekoはペースアップについていけなかったが、これは単純に馬場が良すぎたせいだろう。Isaac Luptonは斤量という話をしているようだが、Heavy11になって巻き返す可能性は残されている。Go Go Gonzoは心房細動とのこと。