にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

18/03/16 National Hunt Racing - Cheltenham Festival - Albert Bartlett Novices' Hurdle (G1)

*Cheltenham Soft (Heavy in places)

Albert Bartlett Novices' Hurdle (G1) 2m7f213y

http://www.attheraces.com/racecard/Cheltenham/16-March-2018/1450/

http://www.thejockeyclub.co.uk/video/20180316/2772662/16569319

Fabulous Sagaが逃げる展開。2周目からChris's Dreamが先頭に代わるが、残り5f辺りから一気にFabulous Sagaがスパートをかけ、後続を突き放す。しかし最終障害辺りから脚があがると、好位にいたKilbricken Stormがこれを交わすと、後続を凌いで勝利した。2着には追い込んだOk Corral。Santini、Ballywardと続いた。

Fabulous Sagaが独特の展開を作っている。無理のない大逃げといった格好なのだが、こうなるとある程度のポジションを取っておかないと前には追い付けず、かつ後方に構えすぎると物理的に前には届かないという展開になる。Kilbricken Stormは昨年の12月に同舞台のG2を勝利してきた馬。Challow Novices' Hurdle (G1)では大敗していたが、ここではその借りを返す結果となった。走法としてはSoft程度に渋った馬場がいいようで、ある程度スピードを要求されるレースとなった方が力を発揮するタイプのように見える。Ok Corralはやや後ろに構えすぎた感もあり。C4のNoviceの勝ち星しかないのだが、重賞クラスでも面白い一頭。Santiniもまた後ろに構えすぎたが、SantiniとOk Corralはさほど差はないように見える。Ballywardは内を掬って追い上げてきているのだが、ここまで馬群がバラけると内も外も関係ない模様。Tower Bridgeも昨日のWorld Hurdleであればこのようなコース取りで間違っていないのだが。独特の展開を作ったFabulous Sagaは一度エンジンがかかってしまうと一生懸命走ってしまうタイプの馬。もう少し仕掛けを遅らせることが出来れば最後まで持たせられたかもしれない。惰性で走れるタイプではないだけに、一度足が上がると捕まるのは早い。Poetic Rhythmは完全なパワー型で、スピードを持った馬が引っ張るレースは厳しかった。