にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/05/02 Australian Racing

*Warrnambool Soft 6

Grand Annual Steeplechase Handicap 5500m

https://www.racing.com/form/2019-05-02/warrnambool/race/7/results

例によってNewburyが逃げる展開だが、好位から進めたZed Emが途中から先頭に。そのままNewburyを振り落とすと、追いかけてきたGold Medalsを振り切って勝利した。Spying On You、Bit of a Ladと続いた。

Zed Emは昨年のこのレースの2着馬。昨年はGold Medalsの2着に終わっていたが、今年はその借りを返したことになる。昨年は連覇を狙っていたBrierly Steeplechaseを経ての参戦であったが、今年はあえてかスキップしてここに挑んできた。好位から抜け出しを図る戦法はこの馬にとっての正攻法のレース運びであり、今回も終始安定したレースを見せた。Von Doussa Steeplechase、Great Eastern Steeplechaseとは異なり、VIC州のSteeplechaseは比較的飛越時のスピードが要求されるのだが、特に問題なく障害への対応はできていた。70kgを背負って他馬を完封するパフォーマンスは、この馬のチャンピオンホースとしての地位を盤石にするものである。連覇を狙ったGold Medalsは惜しい2着。昨年の時点では4kgの斤量差があったのだが、今年は斤量差が2kgとなっていた。Zed Em相手ではこれ以上の斤量差を貰わないとやや厳しいというのが現状だろう。SA州のSpying On Youは人気はなかったが3着まで追い上げてきた。Zed EmにはVon Doussa Steeplechase、Great Eastern Steeplechaseといずれも完敗しており、今回も完敗の内容なのだが、それでも3着に来たことは注意しておかなければならなそうだ。Brierly Steeplechaseを勝ったBit of a Ladはパフォーマンスを落として4着。ローテーション的にはやはり厳しいのだが、それ以上に距離延長が壁になった可能性もある。