にげうまメモ

障害競馬の個人用メモ ご意見等はtwitter(@_virgos2g)まで

19/05/02 New Zealand Racing

*Riverton RC @ Riverton Slow 9

Fisher Aluminum & PGG Wrightson & Trenz Home Hurdle RST OPN HDL SWP 2500m

https://loveracing.nz/RaceInfo/47556/1/Race-Detail.aspx

Cashelがゆったりと逃げる展開だが、残り1200m地点からBanbury Ladがやや引っかかり気味にハナへ。そのまま軽快に飛ばすと、残り2障害辺りから一気に後続を突き放して勝利した。2着にはCashel。The Energizerが3着。

Banbury Ladは前走のOPN HDLから連勝とした。内容としてはCashel、The Energizerなど同一のメンバーが相手であり、さほど改めて強調できるものではなさそう。やや勝負所の飛越の踏切地点が遠いのが気になったくらいか。いずれにせよ、どうにも引っかかって追走する部分があるだけに、逃げるか後方から進めるか、レース運びには注文が付きそうな印象である。

 

Bay Road Service Centre & Riverton Plumbing Steeplechase RST OPN STP SWP 3400m

https://loveracing.nz/RaceInfo/47556/2/Race-Detail.aspx

早々に落馬したGo Go Gonzoを残した3頭のレースとなったが、2周目の途中からTai Hoがスパート。しかし最終コーナーの辺りからDelacroixが前に出ると、追いかけてきたAdequacyを振り切って勝利した。

Rivertonのコースは途中に二連続障害や土塁障害があったりと、オセアニア、というかヨーロッパ以外の障害競馬開催諸国としてはかなり本格的な障害が設置されている。Delacroixは前走のOPN HDLを叩いて調子を上げてきていたようだ。Tai Hoは昨年のGrand National Steeplechaseの2着馬で、さすがに71kgの斤量が堪えて最後は失速したように見える。AdequacyはSTPは未勝利馬で、このくらい走れれば勝ち上がりはそんなに遠い話ではないように見えるのだが。